これだけ覚えれば大丈夫!ゴキブリ対策の3つのポイント

ゴキブリ(以下、G)対策してますか?

「1匹みたら30匹いる」「年々進化している」なんて聞くと恐ろしくなりますね。

でも対策していてもヤツらは現れるんですよ・・・「カサカサ」って。

私の場合、椅子に座っていた時にふと振り向いたら、やつが目の前にいたんですよ。

まさに「目と目が逢う 瞬間s・・・」の歌が流れてきそうな状況だったわけですよ。ええトラウマもんです。

それ以降、少しでも音が聞こえたり、気配を感じる度にビクビクおびえる生活です。

※少し過剰に書きすぎました。

今回は、そんなにっくきやつらを駆逐するためのポイントを紹介します。

「駆逐してやる!我が家から・・・奴らを1匹残らず!」

Gを駆逐するために把握しておくべき3つのポイント

ではヤツらを駆逐するためのポイントを見ていきましょう。

大きく分けて3つあります。

ヤツらはどこにいるのか?

Gが潜んでいるのは、狭い、暗い、ジメジメ、暖かい場所です。

キッチンが最有力候補ですね。他には、壁の間、家電、家具の裏も考えられます。

また、高層マンションだからといって安心はできないですよ。

ヤツらは低階層から侵入してきます。ちょっとの隙間からです。

いくら対策しても完全防御するのは難しいのです。

 

駆逐する方法は?

巣を攻撃する場合、設置型の毒エサが有効です。

こういうやつですね

ブラックキャップ 12個入り【楽天24】[ブラックキャップ ゴキブリ用殺虫剤 ゴキブリ駆除]【イチオシ】

価格:596円
(2017/7/11 23:45時点)
感想(94件)

これは、毒エサをかじったGがすに帰ってから吐いたり、フンをすると、それを食べた仲間も駆逐できます。

また、死骸も食べるため、それを食べたGも合わせて駆逐できます。

爆弾を持って帰らせて、巣で爆発させるイメージですね。

 

住居全体を攻撃する場合は、「煙タイプ」の駆逐剤を使用します。

煙タイプを使用する際のポイントは、

▶ 使用する全部屋で同時に発動させること

これは、煙のないとこへGが逃げられないようにするためです。

煙が出るまで1分ほど時間があるので、あせらず順番につけていけば大丈夫です。

 

▶ 火災報知器をカバーすること

商品にカバーが付属してます。火を使うわけではないので、火災の心配はありません。

ただ、煙感知式の場合、警報機が検知しますので、付属のカバー、ポリ袋等で囲いましょう。

また、警報機を外した場合は、Gの駆逐後、忘れずにもとに戻しましょう。

 

▶ PC、家電にはカバーをかけること

テレビ、パソコン、ゲーム機、炊飯器などの精密機器には、カバーをかけたほうがいいです。

ディスク等も出しっぱなしにせず、ケースに入れて保管しておきましょう。

エアコンについては電源を切っておきましょう。

 

▶ 食器棚、押し入れは開けておくこと

中まで駆逐したい場合は開けておきましょう。

この場合、煙が食器にかからないように、ビニール袋等でカバーしておきましょう。

 

使用後のポイントは

▶ 布団は掃除機、洋服はブラッシング、天日干しを推奨

煙がかからないようにカバーをしていた場合は、不要です。

ただ、どうしても煙がかかってしまうと思いますので、カバーをしていたとしても軽く処理したほうがいいでしょう。

 

▶ 気になるなら食器も洗う

煙がかかっていた場合は、食器を洗いましょう。

カバー等をして食器を守っていた場合は、特に処理は必要ありません。

です。

薬剤は人間に害が無いよう開発されているので、過剰に摂取しない限り、ほとんど気にしなくてよいレベルで作られています。

検査機関のテストにパスしているようですしね。

ただ、赤ちゃんがいる場合は、煙を吸い込まないよう十分に換気しましょう。

ペットがいる場合も同様です。特に魚には毒性が強いようなのでお気をつけください。

【第2類医薬品】アース製薬 アースレッドW 12-16畳 20GX3個

価格:2,180円
(2017/7/12 00:23時点)
感想(0件)

我が家ではこれを使いました。部屋の広さによって商品が違いますので、お住いの部屋にあったものを選んでください。

駆逐するサイクルは?

Gを駆逐するサイクルはズバリ「年に3回駆逐を実施するべし」です。

ヤツらが活発に活動し始めるのは7〜8月なので、まずは4〜5月に先制攻撃を仕掛けましょう。

次に活動が活発になる7〜8月に再攻撃を仕掛けます。

2回の駆逐にしぶとく生き残ったヤツを越冬させないよう、10〜11月にとどめを刺しましょう。

私が調べた限り、これであらかた駆逐できるはずです。

 

2017年のトレンドは「見せずに駆逐」

Gを見るだけでも嫌なの人には朗報かもしれません。

家電と壁との狭い隙間などにスプレーするだけで、Gをの駆逐ができるらしく、更に、スプレーした箇所はGの駆逐効果が約1週間持続するというスグレモノ。

スプレー後にGが飛び出してくることも内容です。

その気になる商品というのが、こちら

アース製薬 ゴキプッシュ プロ 100ml定形外郵便対応可 送料1個340円 2個500円

価格:515円
(2017/7/12 00:15時点)
感想(0件)

コンパクトな本体のため、女性の手でも持ちやすそうですね。

我が家でも早速購入して、ヤツがいそうな箇所に試し打ちします。

ただ、スプレーした箇所にGがいた場合は、その場で仕留めることができるので、死骸もそのままですよね・・・

それはそれで恐ろしいような・・・

まとめ

Gを駆逐するためのポイントを紹介してきました。

しっかりと対策すれば、ヤツらもそう易々と生き残れないはずです。

ただ、ヤツらは「年々進化」しています。

今行っている対策もそのうち克服されてしまうかもしれません。

1匹残らず駆逐するのは難しくても、住居内に侵入できないような技術が発明されるといいですよね。

5Chanがシェアしてほしいと言っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

エンジニアとして働くかたわら、子育て、バスケ、ゲーム、アニメなどやりたいことが多すぎて多忙な日々を送っています。 そんな日々の中で、疑問に思ったこと、これはおもしろいんじゃないか!と思ったことを、できるだけ詳しく調べて役立つ情報をお届けします。