結婚式場選びのポイントはこれ!実例で紹介します【これだけシリーズ】

結婚式を挙げることは決めたけど、なにから始めたらいいんだろう?式場のどんなところを見たらいいんだろう?と悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、私達が結婚式場を決めるまでに、どんな手順で決めていったか、どんなポイントで式場を見学したか、式場を決める際の注意点についてまとめました。

これから結婚式場を決めようとしている方は、参考にしてみてくださいね。

まずは情報収集から始めよう

式場を選ぶといっても、たくさんありすぎて迷ってしまいますよね。

何から始めたらいいか順番に見ていきましょう。

 

式場の特徴を理解しよう

結婚専門式場の場合

結婚式を挙げるために作られた施設のことです。チャペル、神前結婚式場、ブライズルーム、親族控室、ウェディングスペース、フォトスタジオなど婚礼に必要とされる設備が整っています。

庭園やテラスなどを備えている施設もあり、結婚式ならではの特別感を演出することもできます。

 

ホテルウェディングの場合

ホテルは宿泊施設として建てられている施設でもありますが、結婚式や宴会もすることができます。

大抵の場合、駅から近く、ホテルならではの接客やサービス、豪華なインテリアなどを備えているのが特徴です。

多くの人を招待する場合は、ホテルウェディングを選ぶといいかもしれませんね。

また、遠方から参加してくださる方のために、宿泊施設を備えていることもプラスポイントですね。

 

ゲストハウスの場合

一軒家を貸切状態にしてアットホームなおもてなしができることが特徴です。

エントランスやガーデン、プールなどもあり、コーディネートも新郎新婦の自由にしやすいこともポイントですね。

通常平日は営業していないところなので、試食会などのイベントがあれば積極的に参加してみるといいですね。

 

レストランウェディングの場合

いつもは食事をするための施設ですが、お店によってはウェディングパーティーもすることができます。

最大の魅力は、原価率の高いおいしい料理ですね。豪華な演出よりも、ゲストをおもてなししたい!という思いが強い方にはおすすめです。

ただし、結婚式を挙げるための施設ではないため、多少狭く感じるかもしれません。

それを感じさせないようなコーディネートや演出を考えることも面白いかもしれません。

 

どこに式場があるのか確認しよう

式場の特徴を理解したところで、自分たちが挙式したい場所を確認しましょう。

手始めに、式場を選ぶポイントとしては次の3つですね。

式場を選ぶポイント
●どこで結婚式をするのか(出身地、リゾート、海外など)
●駅の近くか
●駅に近くない場合、交通手段はあるのか(式場へのアクセスは容易かどうか)

このあたりのポイントで、自分たちの希望にあう式場をピックアップしてみましょう。

 

予算を決めよう

予算といっても結婚式はどれくらいの費用になるのかわかりませんよね。

大体でいいので、自分たちが出せる金額を決めてしまいましょう。

式場の料金は、

式場の料金確認
●ゼクシィなどの雑誌
●式場のホームページ
●結婚相談サイト

を参考にしましょう。

ここで、ローンを組めば・・・など小難しいことは考えなくていいです。

今の自分が出せる金額を決めてください。

その後、自分たちでピックアップした式場から予算に収まりそうな式場をまとめていきましょう。

 

おおよそのの招待人数を決めておこう

両親、親族、友人、会社の同僚など、だいたいどれくらい招待するのか決めておきましょう。

会場を選ぶ時にけっこう重要だったりします。

 

式でやりたいことを挙げてみよう

自分たちが結婚式でやりたいことを挙げてみましょう。

ここは予算度外視でいいです。

とりあえず、式場に聞いてみて、どれくらいの費用がかかるのかを把握することが目的ですので。

ちなみに、私(妻)が聞いたのは、

結婚式でやりたいこと
●イルミネーション演出は可能か、どんな演出があるのか
●自分で作成した映像は上映できるのか
●友人達に余興を頼んでも問題ないか
●挙式のリハーサルはできるか
●サプライズ演出は可能か

です。他にもあったはずですが、忘れてしまいました。(・ω<)

 
[ad#co-1]  

いざ式場見学へ!

式場のピックアップ、予算、やりたいことを挙げたら、いよいよ式場の見学に行ってみましょう。

私が実際に確認したポイントを書いていきますね。

 

結婚式場をみるポイント

結婚式場をみるポイント
●式場の雰囲気は自分好みか
●天井が高く、開放感があるか
●壮大な感じか
●音がよく通るか
●ゲストの座る椅子の間隔や座り心地はどうか
●収容人数は何人までか
●自分たちだけのアレンジができるか

式場ではこれらのポイントを重視しました。

せっかく結婚式を挙げるので、自分たち好みの雰囲気のところで揚げたいですよね。

天井が高いのもポイントです。それだけで壮大な感じがします。

音がよく通るかどうかも重要です。新郎新婦がなにをしゃべっているのか聞こえなかったら意味がないですからね。

自分たちだけのアレンジができるかどうかが最も重要ですね。

例えば、私達の結婚式の場合、人前式で挙げたのですが、ブライズメイド、アッシャーを友人にお願いしました。

こういうアレンジも式場によってはNGの場合があります。

 

披露宴会場を見るポイント

披露宴会場を見るポイント
●どれくらいの人数が入るか
●呼びたい人数に対して十分な広さか
●ゲストのテーブルの間隔や椅子の間隔は狭すぎないか
●ゲスト席とふたりの席の距離は遠すぎないか、よく見えるか
●余興をするスペースが十分あるか
●トイレがキレイか
●明るいか
●内装、インテリアが好みか
●自分たちだけのアレンジができるか

披露宴会場ではこれらのポイントを重視しました。

会場の広さを確認するのはもちろん、ゲスト席と自分たちの席が離れすぎていないことは大事です。

せっかく来てもらった方々に見てもらいたいですもんね。

トイレがキレイかどうかも結構重要です。清潔感のないトイレだと、それだけで気分が滅入るかもしれません。

トイレには自分たちなりのアレンジも施しました。装飾や、トイレで利用するであろう小物類の配置です。

1フロアまるまる貸し切る形の会場だったのですが、ホテルなどの共用トイレの場合、こういった細かいおもてなしは難しいです。

ここでも、自分たちだけのアレンジができるかどうかが一番重要です。

私達の場合、テーブルの席札、席次表はオリジナルのもの、ムービーを自作など、いろいろなものを自分たちなりにアレンジしました。

 

控室をみるポイント

家族の控室の場合
●両家でキチンと仕切られているか
●呼んだ親族が団らんできる広さか(ギュウギュウ詰めにならないか)
ゲストの控室の場合
●クローク・更衣室はあるか
●広さは十分か
●子供連れのゲストのための託児所・授乳室はあるか

控室に関してはこれらのポイントを見ました。

少しの時間とはいえ、ゲストが窮屈でないような控室があるといいですね。

 

料理は一番大事

私達の結婚式の場合、料理を特に重視しました。

ゲストが一番楽しみにしているのは料理です。

※私は料理が楽しみで結婚式に出席してます。もちろん、祝福するのがメインですけどね。

では、見ておいた方がいいポイントを書いていきますね。

料理を見るポイント
●料理の見栄えは美しいか
●試食した結果、自分たち好みでおいしいか
●メニューのアレンジは可能か
●ウェディングケーキのアレンジは可能か

見学する会場によっては、当日試食させてもらえるところもあります。

また後日、料金を払って試食させてもらえる会場もありますので、事前に確認しておけるといいですね。

ちなみに私達の場合、料理を試食したことでNGとなった会場もありました。

おいしくなかったわけではないのですが、正直「フツー」以下の味だったので・・・

料理のアレンジができるかどうかもポイントです。

例えば、お肉の焼き加減を調節できるか、アレルギー体質の方への代替料理の提供は可能か、などですね。

他には、デザートビュッフェがあるかどうかも確認した方がいいです。

実際に私達もデザートビュッフェを注文したのですが、思いのほか評判がよかったです。女性陣だけでなく、男性陣にもけっこうな人気がありました。

ウェディングケーキがアレンジできるかも結構重要だったりします。

大体の式場でアレンジ可能とは思いますが、確認をしておきましょう。

 

見積もりのポイント

式場見学が終わると、大抵の場合、ちょっと高めなプランで見積もりが提示されます。

金額を見ると、こんなにかかるのか!とびっくりするかもしれませんが、とりあえず落ち着きましょう。

次のポイントで確認していけばOKです。

予算確認ポイント
●予算内か(ほぼありえない)
●超過していた場合、どこを削れるのか
●今後増えていきそうなポイントはどこか
●パックプランだった場合、どこを削ってもいいのか

こんなところでしょうか。実際見積もりは、式場と打ち合わせを繰り返すごとに上がってしまうものです。

例えばこんなポイントで上がってしまいます。

予算が上がるポイント
●料理のランクアップ
●ドレスのランクアップ
●ケーキのランクアップ
●装花代
●自作した映像等の持ち込み

なので、最初の見積もりは全部こみこみのプランでもらったほうがいいでしょう。

見積もりから削れるものがある(はず)ので、それに伴って金額も下がっていきますので。精神衛生上にとってもいいことしれませんね。

 

式場選びの要注意ポイント

こんなポイントは要注意ですよ!

今契約すれば◯◯万円値引きします。

魅力的だけど、ホントにその会場でいいかよく吟味して!

いつまで待ってくれるかも確認して!

 

最初から本命の見学には行かない

ますは見学に慣れて!

本命以外を先に見ておくと、式場を見るポイントや要領がわかってきますので。

いいとは思ったけど、ここが足りない!というような会場を練習にするといいかもしれません。

 

支払う時期の確認

本契約時に全額なのか、前金◯◯万円、式後に精算なのかどうか、決済のタイミングを確認しましょう。

まとめ

式場選びのポイントについて書いてきました。

ざっくりとおさらいすると、

おさらい
●見学の前に、予算、やりたいことを決める
●見学では、見ておくポイントをおさえる
●料理は大事!
●見積もりは落ち着いて
●見学の際は、本命はあとまわし

ですね。せっかくの結婚式ですので、自分たちの理想と予算がマッチするよう、妥協せずに選んでいきましょうね!

この記事が式場選びの一助となれば幸いです。

5Chanがシェアしてほしいと言っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

エンジニアとして働くかたわら、子育て、バスケ、ゲーム、アニメなどやりたいことが多すぎて多忙な日々を送っています。 そんな日々の中で、疑問に思ったこと、これはおもしろいんじゃないか!と思ったことを、できるだけ詳しく調べて役立つ情報をお届けします。