赤ちゃんの将来を占ってみよう!1歳の誕生日は選び取り♪

こんにちは、5Chanです。

赤ちゃんの1歳のお誕生日に行う、「選び取り」という習慣は知っていますか?

赤ちゃんの前にいろいろなものを置いて、赤ちゃんが何を取るかによって将来を占ってみよう!というものです。

将来を決める!といっても、赤ちゃんは無心で興味を持ったものを手に取るだけなので、お誕生日の余興として楽しんでみましょう♪

選び取りってなに?

「選び取り」とは、赤ちゃんが将来どんな職業に就くのかどんな才能をもっているのかを占うものです。

「選び取り」を行う方法としては、赤ちゃんの前に職業や才能を表す様々なモノを置き、赤ちゃんが何を取るかで未来を占います。

赤ちゃんの前に置くモノは、地域や家によって様々ですが、昔からよく用いられているのは次の3品です。

筆(知識人になれるかも)

お金(お金持ちになるかも)

そろばん(商売の才能があるかも)

その他には、ハサミ、定規、ボールなどさまざまなモノが置かれるようになっています。

選び取りはいつやるの?

「選び取り」は、赤ちゃんが1歳になった誕生日、「一升餅」の儀式のあとで行うというのが一般的です。

といっても、厳密な決まりがあるわけではないので、1歳を過ぎたあたりに行ってもなんら問題はありません。

あくまで、赤ちゃんの将来を占ってみよう!というお楽しみ要素なので、赤ちゃんのご機嫌がいい時に行って、楽しい動画、写真が取れるといいですね^^b

どんなアイテムを用意すればいいの?

前述しましたが、筆、お金、そろばんが昔ながらの「選び取り」の定番道具です。

「筆→ボールペンや万年筆」、「そろばん→電卓」などのように、置き換えてもOKです。

「選び取り」は厳密な儀式ではなく、お楽しみの占いですので。

ただ、赤ちゃんがいつも遊んでいる物は外したほうが、占いの結果が左右されることは少なくなりそうですね。

選んだアイテムの意味は?

一般的に、「選び取り」に道具としてよく用いられる物とその意味の一例を記載しますね。

●筆・万年筆などの筆記具
学者、物書き、事務官など知識人になる
絵筆の場合は画家、書家などの芸術家になるかも

●お金
お金持ち、裕福な人になる
玉の輿の可能性も!?

●そろばん、電卓
計算が得意、商売上手になる
起業家になれるかも

●ハサミ・工具
器用でものづくりの才能がある
いい職人になれるかも

●ボール、運動具など
運動が得意になる
プロの選手にもなれるかも

●楽器
音楽、芸能の才能がある
歌手ミュージシャンになれるかも

●定規
几帳面な性格になる
建築士になれるかも

●アクセサリーや服
オシャレのセンスがよくなる
デザイナーファッションモデルになれるかも

●スプーン、箸
食べ物に困らない
料理人になれるかも

●辞書
勉強がよくできる
学者になれるかも

●風船
大きく羽ばたく人になる
世界に通用する人になるかも

●パソコン、タブレット
コンピュータなどの仮想世界に強くなる
エンジニアIT関連の企業に入るかも

まとめ

今回は、赤ちゃんの「選び取り」について書いてきました。

両親としては、この占いで赤ちゃんに取ってほしい道具はあるかもしれませんが、あくまでお楽しみの占いということで考えておきましょうね。

赤ちゃん、子供の未来はまだまだ無限大の可能性があるわけですから♪

とはいっても、大きな期待を抱きつつ、1歳の誕生日記念に、赤ちゃんの将来を占って見ては如何でしょうか。

締まってない感じですが、今回はこのあたりで。

ではでは〜^^ノシ

5Chanがシェアしてほしいと言っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

エンジニアとして働くかたわら、子育て、バスケ、ゲーム、アニメなどやりたいことが多すぎて多忙な日々を送っています。 そんな日々の中で、疑問に思ったこと、これはおもしろいんじゃないか!と思ったことを、できるだけ詳しく調べて役立つ情報をお届けします。