みんゴルのギア解説!ギア(クラブ)のクセを把握しよう|みんゴル攻略

みんゴル記事の第4弾です。

今回は、ギアであるクラブの「クセ」について解説していきます。

クセを把握しておかないと、コース上の障害物を避けたり、風の影響を読んでショットすることが難しくなります。

どのようなクセがあるのか紹介していきますので、プレイ時の参考にしてみてくださいね。

クラブのクセってどこで分かるの?

クラブのクセを見るためには、クラブの詳細を確認しましょう。

クローゼット」から、詳細を見たいクラブを選択して、説明文を表示させます。

下の画像のように、説明文に書いてあります。

 

どんなクセがあるの?

クラブのクセには、「フェード」「ドロー」の2種類あります。

どのような軌道を描くのか確認してみましょう。

クセなし

クセのないクラブでショットした場合は、まっすぐな弾道を描いてボールが飛んでいきます。

狙ったところに落としやすいので、初心者向けでもあります。

風やショット時の傾斜も考慮しやすいのが特徴です。

まずは、クセのないクラブで慣らしていくといいでしょう。

フェード

みんゴル関係なしに、フェードボールの特徴を書いておきますね。

フェードボールの特徴
●飛距離を合わせやすく、スピンの効いたボールを打つことができる
●ラン(転がりやすさ)が出にくい球質
●アイアンのショットに向いている

みんゴルでプレイしてみると、フェード気味のクセのあるクラブは下の画像のような弾道を描きます。

左から回り込むようにボールが飛んで行くので、その方向に障害物がある場合は、当たらないように打つ特別な考慮が必要になります。

※ここからは、実際に操作してみての実感なので、誤っている可能性もあります。

風の影響も考慮が必要です。

左から風が吹いている場合は、クセがないクラブと比べると、余計に右に流されます

ですので、落下地点もそれを考慮した形で予測しましょう。

右から風が吹いている場合は、落下地点もそれなりに左に流れます。

ショットして左に飛ぶまでは同じですが、回り込めずにそのまま下に落ちるイメージです。

風が強い場合は、注意しましょう。

ドロー

みんゴル関係なしに、ドローボールの特徴を書いておきますね。

ドローボールの特徴
●ラン(転がりやすさ)を稼ぐことのできる球質
●風の影響を受けにくい
●ドライバーショットに向いている

みんゴルでプレイしてみると、ドロー気味のクセのあるクラブは下の画像のような弾道を描きます。

右から回り込むようにボールが飛んでいきます。大きく曲がっていくわけではないので、フェードボールほどの考慮は必要ないです。

転がりやすい球質なので、ラフやバンカーに入らないように注意しましょう。

 

ショット時に意識することは?

クセのあるクラブに限らず、風、ショット時の傾斜を意識しましょう。

クセがある場合は、余計に風と傾斜を考慮するくらいで、他に特別なことをする必要はありません。

「余計に曲がってしまうかも」「曲がりきらないかもしれない」あたりを意識できるといいですね。

 

まとめ

今回はクラブのクセについて書いてきました。

公式でも解説されていない、ゲーム内のTipsでも「クセを考慮しよう!」くらいしか書いていないので、誤った情報が溢れていると思います。

この記事でも、私がクラブを使用してみたの感覚的なことを書いていますので、参考程度に見てくださいね。

クセのあるクラブは、クセのないクラブと比較して特別に考慮することが出てきますが、クラブの性能は段違いにに強いものがあるので、飛距離を伸ばしたり、スピンを強くするためには避けて通れないものですね。

今後、クセのない強いクラブが出てくれば楽なんですけどねー。

5Chanがシェアしてほしいと言っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

エンジニアとして働くかたわら、子育て、バスケ、ゲーム、アニメなどやりたいことが多すぎて多忙な日々を送っています。 そんな日々の中で、疑問に思ったこと、これはおもしろいんじゃないか!と思ったことを、できるだけ詳しく調べて役立つ情報をお届けします。